年末年始の葬儀屋さん

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします(^^)/

さて年末年始はクリスマス会や忘年会、新年会(ついでに私の誕生日)など行事が沢山あります。楽しい食事会の間でも訃報を受けると中断。気持ちを切り替えて業務に邁進します。葬儀屋って大変ねって言われるけど どのお仕事も大変です。仕事があることが嬉しく楽しくやっております。葬儀屋で楽しくって不謹慎と思うかもしれないですけど、やりがいがあるって素晴らしいことだと思います。葬儀屋だから笑ってはいけないとか、喜んではいけないとかではなく、悲しむことが私たちの仕事ではなくて、心を込めて見送りのお手伝いをすること。葬儀屋さんのCMで聞いたセリフだな(;・∀・) 故人の話を聞いて遺族と一緒に笑う事だってある。納棺師にきれいにしてもらえば喜ぶことだってある。遺族から話を聞けば聞くほど悲しむことだってある。先に亡くなったことに対して怒りを覚える遺族もいます。出棺までの数日間で遺族の喜怒哀楽に直面し、年末年始も寄り添いながら私たちは仕事をしています。