葬儀の花

皆さん、こんにちは!

今回は葬儀のお花について。葬儀にはお花は必ずお供えされますよね。そもそも何故 お花をお供えするのか。

  • 薬効成分のあるお花は 遺体の腐敗を少しでも防ぐ為
  • 樒などは有毒で土葬が主流だった時代には墓地を荒らす動物を近づけさせない為
  • 何度でも再生する花は生命力の象徴とされ、死者の新生を願う為
  • お花畑のような極楽浄土へ旅立てるようにと願いを込めた意味
  • 死者は香りを召し上がる為
  • 見送る側の心や想いを形として表現する為
色んな諸説はありますが時代とともに意味合いが変わりつつあり、今ではキレイな花で見送ってあげたいという願いが大半ですね。

 

葬儀社には専属の花屋がいます。その花屋のやる気やセンスで式場の雰囲気が全然変わってくるのも事実です。

生花祭壇をされる時は、もろにその花屋さんの色がでますね。

また、最近では多い直葬などは花束を一束お供えするだけでパッと華やかになったり、逆に陰気臭くなったりと花束ひとつで雰囲気は変わってきます。

なので葬儀社を選ぶ際には、花のパンフレットや写真なども見せてもらって参考にされるのも良いかと思います

かなり大きなポイントですね。ここ(笑)

 

セレプラを立ち上げた時、私が求めている花のイメージと合致するところは中々ありませんでした。

だけど巡り合えたのです‼ 運命ですね。縁ですね。最高です。花に対する想いやセンスは抜群にセレプラと合致しました。

先日も生花祭壇を希望されたお客様には本当に喜んで頂けました。たくさんの供花も棺に入らなかった分は全て花束にさせていただき親族様へお配りしました。

お客様が購入して頂いた生花祭壇や、供花などは使いまわしすることはなく、無駄にはいたしません。

ここもポイントですね。(笑)

 

こう考えると、葬儀社選びって大変ですね。。。  では。また。