2019/03

安いのに面会できる直葬はPLUSだけ

皆様こんにちは。少しづつ暖かくなりましたね。岡山も桜の開花宣言されて春が目の前に感じられます。

今年も後楽園の花見が楽しみです♬

今回は、直葬のお話し。葬儀の中でも最もシンプルな形式。近年行われている葬儀の割合としては増加傾向にあります。その理由として故人の高齢化(多額の介護費)や経済状況、核家族化。近隣地域との関係性の希薄化。

そして宗教離れ等が考えられます。

直葬とは宗教者を呼びません。ですから通夜式や葬儀もありません。逝去後、葬儀社または自宅に安置し斎場予約した時間に合わせ出棺します。

ご遺体は死後24時間は火葬はできないので安置する場所は必要となります。しかも病院に安置することは出来ませんので直葬でも葬儀社に預けなければならないのです。

そして直葬の値段。葬儀社によって様々です。セレプラでは10万の直葬プランがあります。そして面会が出来ます。当たり前の様に思えますが、10万で面会できる所はセレプラしかないのです。

どうゆうところに安置されているのか。無下に扱われていないのか。面会できると安心しますよね。

利用されたお客様は、面会された時に故人の顔が笑っているみたいと、ここは天国みたいだねとおっしゃっていただいたりと満足していただいております。

御遺体=怖いとなりがちなところですのでセレプラでは色々と工夫をしているのです。故人の尊厳を守るために。

 

続けて読んでみて。では。また。

↓↓↓↓↓

直葬

 

2019/03/30

自宅葬はメリットいっぱい

こんにちは。3月になって少し暖かくなったような気がいたします。冬生まれの私は実は冬が一番苦手な季節。早く暖かくなれ~(^^♪

今回はPLUSの自宅葬のご紹介です。

セレプラでは、直葬や自宅葬を専門にご葬儀をさせていただいております。

20年前では自宅葬は主流でしたが、今は会館を借りてのご葬儀が主流となりました。中には自宅で葬儀ができる事を知らない人もいらっしゃいます。

(葬儀の事を考えて家を作っていた時代は今はもう昔の話なんでしょうか)また、今の時代に自宅葬を薦めるのか。疑問ですよね。

自宅葬を経験された方々にとっては、何をいってんの!自宅葬はしんどい!大変!と特に女性の方は経験を元に口を揃えて言われます(笑)確かに昔の自宅葬は大変だったと思います。本当に。

でもそれは一般葬だからです。(一般葬とは知人や関係者に広く知らせて行う一般的な葬儀。家族葬に対してできた語)家族葬が主流となった今だからこそ、自宅葬が簡単に出来るのです。

考えてみてください。一般葬が大変なので葬儀社の会館を借りてお金はかかったが楽ができた。良くわかります。だから自宅葬から会館でする葬儀へと移り替わったのだと思います。

でも今の時代は家族葬です。家族葬は大変ではありません。



これで立派な葬儀が出来るのです。

 

続けて読んでみてください。では。また。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自宅葬はメリットいっぱい

 

 

 

2019/03/08